鬱病を治す方法

うつ病の治療法と克服法

うつ病の治療法・克服法は主には「充分な休養」「薬物療法」「精神療法」があります。

 

「充分な休養は」、うつ病の治療にはとても大切です。
しかしうつ病になりやすいタイプの人は、生真面目な性格の方が多いようで、
常に何かをしていなければいけないと考え、できるだけ休まないようにがんばってしまうようです。
うつ病は病気だということを理解して、しっかりゆっくり休むことで、疲れた心と体を回復させます。
この期間は、仕事も家事も学校も休んで、家でゆったりと「何もしない」で過ごすことに専念しましょう。

 

「薬による治療」は、うつ病と診断された場合、一般的に抗うつ薬による治療が行われます。
ただし軽症のうつ病には抗うつ薬はさほど効果的ではない場合もあり、必ずしも使われるわけではありません。

 

「精神療法」は自分の性格・物の見方の偏りや自分がなぜうつ病になったかなどを理解して、
これからはそうならないように、自己コントロールをできるようにします。

 

精神療法では、「一般的(支持的)療法」が中心的に行われます。
患者さんの訴えをよく聞いてあげ、不安な気持ちをよく理解したうえで、支持を示し、
しかしその良し悪しなどの判断はせず、病気についての一般的なアドバイスを行ったりします。

 

他にも次のような精神療法が行われています。

 

「認知療法」は、物事のとらえ方や考え方を、話し合いや文字で書くことなどによって客観的に整理し、
うつ病につながらない「柔軟な思考パターン」へ変えるサポートをします。

 

下園壮太 うつ病の治療

 

「行動療法」は、行動目標を設定し、実行できたら少しずつ目標のランクを上げていって、
行動に達成感が得られるようにしていきます。

 

「対人関係療法」は、うつ病の発症や経過に深く関わった「身近で重要な他者」、例えば親や配偶者との、
人間関係に焦点を当ててカウンセリングをして「現在の」問題が解決できるようにサポートする治療法です。

 

うつ病の精神療法には、症状がかなり良くなってからの「ぶり返し」を予防する効果があります。

 

うつ病が回復期まで進んで、生活も元のようにおくれるようになってきたら、次の取り組みは再発の防止です。
うつ病は、ぶり返しやすい病気だからです。
患者さんの中には、生活が戻ったら、そろそろ治療をやめたいと思う方もいますが、
症状がなくなっても半年〜1年くらいは治療を続ける必要があります。
勝手に「調子が良くなったから」と薬を飲まなかったり量を減らしたりしないようにしましょう。
診察日には必ず病院・診療所へ行くようにしましょう。
うつ病の克服法で大切なことは、完治するまで治療を諦めずに続けることです。